サンシャイン水族館の混雑状況と攻略法

サンシャイン水族館の混雑状況及び、お出かけする際のおすすめの時期などについてご案内します。

サンシャイン水族館は広すぎず、ほどほどの広さで様々な工夫のある水族館で、お子様連れからカップルまで楽しめる水族館です。

そのため、土日ともなればカップルやお子さん連れのファミリーが多く、至近距離で見ることのできるアシカショーなどが十分楽しめなかったりすることもあるのです。

平日はそれほど混雑していませんが、土日やGWなどの連休、夏休みや冬休みの時期はやはり要注意です。

事前に混雑状況を知っていれば、わざわざ混んでいる時ではなく空いている時にゆっくり魚や動物たちを見ることができますから、ぜひ確認しておきたいものです。

サンシャイン水族館

 

一年の中でも最も混雑しているのが、年末年始やゴールデンウィーク、そして夏休みです。

そして、サンシャイン水族館で特徴的なのが冬よりも夏の方が混雑しているということです。

ですから、夏休みは特に混雑しており、夏休み中であれば平日でも土日でも関係ないと考えたほうがよいでしょう。

この期間は館内はどこでも混雑しているため、食事なども並ばなければならず、小さなお子さんがいるファミリーにはかなりつらい状況といえます。

さらに、屋外ではアシカやペンギンが見ることができますが、日差しが照りつけ暑いのであまり長居することはできません。

ペンギンパフォーマンス

脱水症状などにも気をつけなければなりませんので、小さなお子様のいる方には特におすすめできません。

また、大型連休でもないのに意外と混雑しているのが、夏休み明けの9月です。

考えられる原因は、敬老の日や秋分の日など、祝日が多いことです。

敬老の日の前後にはシルバーウィークがあり、この時期も混雑が予想されます。

そして、逆に混雑が少ないのが4月と6月です。

4月は新生活が始まる時期ですから、あまり水族館に足を運ぶ人は少ないのかもしれません。

そして、6月は雨の時期ですから外出する方は少ないのかもしれません。

しかし、水族館は屋内ですから雨が降っても大丈夫です。

この4月と6月はゆっくりと魚たちを見ることができる、大変おすすめの時です。

また、知っておくと便利なのが、サンシャイン水族館のホームページでその日の混雑状況をお知らせしていることです。

朝・昼・夕方の一日数回、その時の混雑状況を知らせていますので、遊びに行く際にこちらを見ておくとよいかもしれません。

ぜひ、空いているときを狙ってカップルやファミリーで楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

水族館 クーポン券を楽天で検索

 

 

大型連休の混雑状況

大型連休中のサンシャイン水族館は、混雑することが多いため、GWや夏休み、年末年始などの時期はおすすめしません。

特に土日と重なるゴールデンウィークや夏休みなどは、館内は大変混み合っているため、水槽に近づくことも難しい場合もあります。

天気がいい日には、屋外もとても気持ちがよいのですが、混雑する時期は状況によってはゆっくりアシカなどのパフォーマンスショーが見られません。

アシカのパフォーマンスを前の方の席で観たいなら、ショーの時間を調べてその30分以上前には席を確保しておく必要があります。

先にも述べた通り、夏休みやGWの時期は1年の中で最も混雑する時期ですので、もし、連休や長い休みにサンシャイン水族館に行こうとするのでしたら、GWや夏休みを避けて、春休みや冬休みに行くほうがまだ無難です。

また、冬休みの時期は美しいライトアップなども楽しめますので、おすすめです。

サンシャイン水族館

 

GWの状況

ゴールデンウィークのこの時期は、気候は大変穏やかで晴れの日が続きますので、屋外のアシカショーやペンギンなども気持ちよく楽しむことができます。

ただし、GW中はかなりの混雑が予想され、1階のエレベーター乗り場での待ち時間が50分以上となった場合は整理券が配布されることがあります。

連休初日から最後まで混雑しますが、中でも初日や最終日よりも中盤が大変混むようです。

なかなか水槽まで行くことができず、魚を目の前で見ることができないこともしばしばです。

また、観客席がいっぱいになりますので、人気のアシカショーも場所によっては見づらかったり、座って見ることもできなかったりすることもあります。

ですので、どうしてもGW中に行きたい場合は、中盤は避けたほうがよいかもしれません。

そして、ゴールデンウィークを避けられるのでしたら、その一週間前の土日か二週間後に計画したほうがよさそうです。

アシカパフォーマンスショー

 

夏休みの混雑状況

夏休み中のサンシャイン水族館は、一年の中でも最も混雑する時期です。

7月末から8月いっぱいは全て混雑すると考えて間違いありません。

混雑の度合いも最高で、水槽まで距離があり、目の前で魚を見ることも難しい状態です。

食事をするにも、水族館の中にはレストランが一つしかありませんので、長蛇の列ができますしクーラーの効いた屋内は満席状態です。

屋外となるとかなり暑いので、食事をするなら、外に出てサンシャインの中のレストランなどに移動したほうがよいでしょう。

とはいえ、サンシャインの中もかなり混んでいるので並ぶ覚悟は必要です。

夏休み明けでも、9月中はまだまだ混雑していますので、サンシャイン水族館でゆっくりしようと思うなら、もう少し後にした方がよさそうです。

 

冬休みの混雑状況

冬休み中のサンシャイン水族館は、やはり混雑します。

というのも、冬休みの期間は短いうえ、年末年始がありますので都会に人が集まってきます。

そのうえ、ライトアップなどがとてもきれいで、夏とは違った魅力があります。

そのため、クリスマスのころは家族連れというよりカップルに人気があるのかもしれません。

冬休みといっても、クリスマスのころから混み始め、年末年始、そして学校が始まる直前まではかなり混んでいます。

ゆっくり楽しみたい方は、冬休み明けの土日の方がおすすめです。

 

 

連休&混雑時期のサンシャイン水族館攻略法

サンシャイン水族館はその立地条件の良さなどから、連休など多くに人が訪れる時期は、かなりの混雑が予想されます。

そんなことから、連休中のサンシャイン水族館を諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、混雑時期ということで、みんなが楽しみにしていたサンシャイン水族館を諦めてしまうのはちょっと早いかもしれません。

実はいくつかのポイントをおさえておけば、たとえ混雑が予想される時期であっても、ある程度は人混みや行列を避けることが可能です。

まるで連休前の混雑時期とは思えないほど、快適かつスムーズにサンシャイン水族館の館内を楽しめちゃいます。

イザという時に役に立つ、サンシャイン水族館の「裏ワザ」とも言うべき、攻略法ですので、ぜひどこかにメモしておいてください。

では、さっそくその攻略法をご紹介します。

サンシャイン水族館

 

チケット売り場の混雑を避けて入館する

混雑時のサンシャイン水族館に来てまず目にするのが、第一関門とも言うべきチケット売り場の行列。

ここは「避けて通れない」ので、多くの人は仕方なく並んでいますよね。

でも、ここで注意していただきたいのは前述の「多くの人は」仕方なく並んでいる…という部分です。

つまり少数の人は、並ばずにスルーしているのです。

それはナゼか。

特別な「株主優待券」とかを持っているのでしょうか。

まあ、それもあるかもしれません。

しかし、ここ、サンシャイン水族館の入場券売り場をスルーすることは、実はある方法を知っていれば誰でもできるのです。

その方法とはいったい何か…!?

まあ、大した話ではありません、前売りチケットを購入しておくということですね。

前売りチケットは、コンビニで簡単に購入できます。

しかも、少し安く購入できますので二重にお得です。

サンシャイン水族館へ行く途中や周辺にもコンビニはたくさんありますよね。

空いていそうなコンビニで前売りチケットを購入すればOKです。

または、金券ショップ(池袋周辺にもあります)をのぞいて、サンシャイン水族館の格安チケットが売っていればさらにお得ですね。

先ずは、たったこれだけで、サンシャイン水族館の第一関門とも言うべき、入館チケット売り場の行列を回避することができます。

 

連休中は開場直後から入館する

サンシャイン水族館は連休中と言えども、開館から閉館時間まで連続して常に混雑している訳ではありません。

連休の時期にもよりますが、朝の開館から1~2時間程度は比較的空いていることがあります。

まあ、「確実に空いている」と断言できる訳ではありませんが、連休中であっても、人混みが避けられる可能性は十分あります。

せっかく行くなら、少しでも混雑が少ない時間帯を狙うのはかなり有効な手段といえます。

…実は、特にこの朝イチを狙う攻略法は、サンシャイン水族館ではかなり有効です。

というのも、サンシャイン水族館は、館内がそれほど広くはないため、スムーズに歩いて回れば、ほぼ1~2時間で一周できてしまいます。

大型のレジャー施設などの場合は、施設内が広大であるがゆえに開園から閉館まで目いっぱい遊ぶつもりで気合入れてくる人も多く、朝から混雑する可能性は十分ありえます。

その点、サンシャイン水族館の場合は、施設がコンパクトなため、そのようなお客さんは極めて稀です。

しかも、サンシャイン水族館はカップルで来るお客さんも多いので、やはりナイトタイムの方が人気があります。

そんな訳で、連休中のサンシャイン水族館で混雑を避けるなら、なるべく人の少ない開館直後の時間帯を狙うのがおすすめです。

サンシャイン水族館

 

ランチタイムは食事より館内を回ろう

サンシャイン水族館は食事処が少ないことでも有名です。

まあ、施設の面積が限られているため、そこは仕方ないとも思えますが、やはり多くの人たちは、ランチタイムに食事をとりたいので、レストランは大変混雑します。

そして、多くのお客さんがレストランへ向かう時間帯、つまりランチタイムこそが、館内をスムーズに楽しめる時間でもあるのです。

まあ、最近の傾向を見ていると、やはりみなさん同じようなことを考えるようで、ランチタイムも多少時間をずらしてとる人が増えているようです。

しかし、そうは言っても、館内の混雑具合はずいぶん変わりますので、少しでも混雑を避けるならある程度は狙い目といえます。

 

サンシャイン水族館の「再入場」を活用

サンシャイン水族館は、池袋サンシャインシティにあるため、周辺には他にもナンジャタウン、プラネタリウム「満天」など、遊べる施設がたくさんあります。

そのため、例えば、まる一日池袋のサンシャインシティのアミューズメントを楽しむなら、サンシャイン水族館を中心にして周辺施設を含めて効率よく楽しむことができます。

ナンジャタウン

例えば、朝イチの空いた時間帯に前売りチケットでサンシャイン水族水族館い入館して、とりあえず混雑する前に、屋上のペンギンやアシカのショー、その他回りたいところだけスピーディーに回ってしまいます。

そして混雑し出したら、係の人に「外出」を申し出て、館外の周辺施設を楽しみます。

さらに水族館の外はランチのお店もたくさんあるので、ついでに少し早目の空いた時間に高層ビルからの景色を眺めながら、ランチを楽しみます。

そして、皆がランチを食べ始めるころに、サンシャイン水族館に戻って再入場。

午前中にゆっくり見られなかった展示場所などをじっくり見て回ります。

そして再び混みはじめる14時過ぎには水族館を後にして、他のアミューズメントパークや展望室などで遊びます。

そして、夕方は、やはり少し早目の黄昏時の時間帯を狙って、ディナーを楽しみましょう。

ディナータイムも、少々時間を早めるだけで、かなり空いています。

しかも池袋のサンシャイン60から眺める黄昏時のビルの景色は最高です。

こんな感じで、サンシャイン水族館を利用して施設内を上手に回れば、連休中の混雑時期でも、スムーズに楽しむことができますね。

サンシャイン

 

 

連休以外の土日は意外に狙い目

サンシャイン水族館は連休や年末年始などは混雑しているのですが、意外に狙い目な日もあります。

平日はもちろん空いているのですが、混んでいない土日もあります。

それが、冬休みなどの長い休み明けの土日です。

特に、冬休みと春休み明け、そしてゴールデンウィーク明けの土日はおすすめです。

サンシャイン水族館の特徴として、夏に混雑する傾向が見られますから、冬と春は客足が遠のいています。

そのため、春休みと冬休み明けは割と空いているのですが、夏休み明けは混雑しておりあまりおすすめできません。

 

サンシャイン水族館

 

また、年間を通して空いているのが6月です。

6月は梅雨時期のため外出が少なくなるのでしょうか、土日でもゆっくり見ることができるくらいに空いています。

外は雨かもしれませんが、屋内施設ですからあまり関係なく楽しめます。

小さなお子さんは雨ばかりで外に遊びに行くこともできず、退屈している頃でしょう。

そんなときにおすすめしたいのが、このサンシャイン水族館です。

そして、次におすすめする時期は4月中旬です。

入学や進学で慌ただしいのでしょうか、春休み明けからゴールデンウィークまでの期間は比較的空いていてゆっくりできます。

イベントごとが多いのもこの時期ですので、お子さんたちも大喜びです。

サンシャイン水族館は空いている時期さえ把握すれば、ゆっくり楽しむことができますので、しっかり確認して出かけましょう。

楽天で割引券を検索

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

【ポーラ】ホワイトショット インナーロック IX



【POLA】ホワイトショット インナーロック IX


このページの先頭へ