葛西臨海水族園の混雑状況

葛西臨海水族園の繁忙期及び、混雑状況についてご案内します。

葛西臨海水族園は全国でも屈指の人気水族館で、東京近郊だけでなく全国各地から多くの家族連れやカップルたちが訪れています。

そのため、年間スケジュールの中で、特に混雑している曜日や時期があるのです。

お盆やゴールデンウィークはもちろん、土日も混雑しているという状況ですが、時間をずらすなどをすれば意外とすんなり回ることができたりします。

また、葛西臨海水族園は、都内のほかの水族館と比較して規模が大きいため、混雑している状況ではあっても、全てを見ることができないというほどではありません。

とはいっても、お盆やゴールデンウィーク、土日の混雑時に行きたい場合におすすめなのが午前中です。

午前中の早い時間でしたら、駐車場もすんなり入ることができますし、水族園も全てをゆっくり見ることができます。

駐車場は2,700台収容できるほどの広さがありますが、葛西臨海水族園専用のものではなく葛西臨海公園の駐車場となりますので、春や秋などは公園でバーベキューする人たちや夏には海で遊ぶ人たちも多く利用しています。

そのため、車で行く場合には特に午前中の早い時間に入ったほうがいいでしょう。

土日や夏休みなどにはイベントも多く開催されますので、それらのイベントにもぜひ参加してみましょう。

イベントも人気のあるものは混んでおり、早めに並んだ方がよいものもありますので、あらかじめスケジュールを調べておくと無駄なく回ることができます。

葛西臨海水族園

スポンサードリンク

水族館 クーポン券を楽天で検索

 
 

葛西臨海水族園が最も混雑する「無料公開日」

葛西臨海水族園ではお盆やゴールデンウィーク以外に、最も混雑する日があります。

それが、無料公開日です。

通常でも、小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料となっています。

ところが、無料公開日では、中学生から大人まで全ての人が無料で水族館を利用できる日になっています。

しかも1年に3回ほど設定されていますので、これは見逃せません。

無料公開日は、みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)、開園記念日(10月10日)の3回です。

この日は、大変混雑しますので、特に早めに入園することをおすすめします。

また、車で入園するよりも電車で行く方がよさそうです。

電車で行ったとしても、駅の目の前ですからそれほど苦にはなりません。

天気の良い日にはお弁当や飲み物を持って行きましょう。

公園内にも売店などありますが、あまりに混雑している時には売り切れになってしまうこともあります。

特は夏に、小さいお子さん連れやご年配の方がいるときには、飲み物は忘れずに持って行くことをおすすめします。

葛西臨海水族園

商品券販売センター

スポンサードリンク

 
 

サブコンテンツ

 

家族やグループにおすすめ!クラブツーリズムの格安ツアーはコチラ

 


このページの先頭へ