新江ノ島水族館の混雑状況

新江ノ島水族館の混雑状況についてご案内します。

新江ノ島水族館は、海に面している水族館として人気があり、都心からのアクセスもいいことなどからシーズンによっては混雑状況が異なります。

年末年始やGW、お盆を含めた夏休み中などの時期は、やはり混雑は避けられません。

特に夏休み中は、水族館の涼しいイメージで混むだけでなく、新江ノ島水族館のすぐ目の前にある湘南海岸への海水浴客やサーフィンに訪れる人たちで駐車場や周辺の国道も混雑します。

新江ノ島水族館

さらに、年末年始やGWといった時期にはイルカのパフォーマンスショーが充実していたりすることも、混雑の原因となっているのかもしれません。

この人気のイルカパフォーマンスショーは、混雑時には座って見ることができないことがありますので、あらかじめショーの時間を確認し、早めに会場に入ることをおすすめします。

特に小さなお子様連れのファミリーは、前列で座って見るほうが迫力があり見応えがあります。

ただし、最前列は水しぶきがかかりますのでご注意ください。

それ以外の平日であれば、館内をゆっくり見ることができますし、いろいろなパフォーマンスショーも目の前で見ることができます。

また、平日でも4月の終わり頃から6月の初めにかけてと、9月の終わり頃から11月の初めにかけては幼稚園や保育園などの遠足のシーズンとなりますので、混雑することがあります。

とはいえ、遠足の場合は午後の早いうちに帰ってしまうことが多いので、この時期に遊びに行く場合は午後から入館すれば混雑は避けられるでしょう。

さらに、年間を通して17時からのナイトプログラムや、様々なワークショップなどのイベントが開催されています。

そういったイベントの時には混雑も考えられます。

新江ノ島水族館

水族館ガール

そして、人気のワークショップなどはすぐに満員になってしまうこともあります。

これらのイベントは時期によって異なりますし、無料のものや有料のものなどいろいろありますので、事前にインターネットなどで調べておくと、新江ノ島水族館をより楽しめます。

混雑を避けるなら、やはり平日に訪れることをおすすめしますが、参加したいイベントや見たいパフォーマンスショーによっては混雑はやむを得ないこともあります。

そういったときは、とにかく早めの行動を心がけることをおすすめします。

スポンサードリンク

水族館 クーポン券を楽天で検索

 

 

新江ノ島水族館の混雑状況まとめ

新江ノ島水族館が混雑する状況について以下にまとめてみました。

時期や時間帯をある程度ずらして行くことができれば、混雑時期を避けて水族館を楽しむことが可能です。

新江ノ島水族館へお出かけの際にはぜひ参考にして下さい。

  1. 新江ノ島水族館の混雑を避けるなら基本は、平日の昼間がおすすめ。
  2. 但し、平日の早い時間帯は、地元の幼稚園・保育園等の遠足で混雑する場合がある。
  3. 1年間でもっとも混雑するのはやはり夏休みの時期。
  4. 年末年始やGWは特にイルカのパフォーマンスショー人気で混雑する場合がある。
  5. 17時以降のナイトプログラムやワークショップなどのイベントがある場合は混雑する可能性が高い。

商品券販売センター

スポンサードリンク

 
 

サブコンテンツ

【ポーラ】ホワイトショット インナーロック IX



【POLA】ホワイトショット インナーロック IX


このページの先頭へ